薔薇さうび正に開き、春酒しゆんしゆ初めて熟す。因よりて劉十九・張大・崔二十四を招きて同ともに飲む

甕のほとりの竹の葉が緑を増したように、甕の中の酒は春を経て熟し、
きざはしのもとの薔薇は夏に入って開いた。
花は火に似て浅く深く紅に燃え、棚を圧するように咲いている。
酒は飴のように濃厚な風味で、その緑は甕を溢れ台に粘り付いている。
試みに詩句で以て客を招待してみよう。
もし情趣深ければ、あるいは訪ねてくれる人もあろう。
明朝の花は今日より更に美しいに違いない。
願わくば、共に朝酒の盃を交わし酔わんことを。

薔薇正に開き 春酒初めて熟す 因って劉十九・張大夫・崔二十四を招きて同じく飲む

甕頭(おうとう)の竹葉(ちくよう)   春を経て熟し

階底(かいてい)の薔薇(しょうび)  夏に入りて開く

火に似て浅深(せんしん)   紅(こう)   架(か)を圧し

餳(あめ)の如き気味(きみ)  緑(りょく)  台に粘(ねん)す

試みに  詩句を将(もっ)て相(あい)招去(しょうきょ)せば

儻(も)し風情(ふぜい)有らば  或いは来たる可し

明日  早花(そうか)  応(まさ)に更に好(よ)かるべき

心に期す  同じく卯時(ぼうじ)の杯(はい)に酔わんことを

薔薇正開、春酒初熟。因招劉十九・張大・崔二十四同飮

甕頭竹葉經春熟

階底薔薇入夏

似火淺深紅壓架

如餳氣味綠粘台

試將詩句相招去

儻有風情或可來

明日早花應更好

心期同醉卯時盃