薔薇正開、春酒初熟。因招劉十九・張大・崔二十四同飮

甕頭竹葉經春熟

階底薔薇入夏

似火淺深紅壓架

如餳氣味綠粘台

試將詩句相招去

儻有風情或可來

明日早花應更好

心期同醉卯時盃

雪のいと高う降りたるを

雪のいと高う降りたるを、
例ならず御格子参りて、炭櫃に火おこして、物語などして集り候ふに、
少納言よ、香炉峰の雪、いかならむ」と、仰せらるれば、御格子上げ
させて、御簾を高く上げたれば、笑はせ給ふ。
人々も、「さることは知り、歌などにさへ歌へど、
思ひこそよらざりつれ。なほ、この宮の人には、さべきなめり」と言ふ。

香炉峰下 新たに山居を卜し草堂初めて成り 偶東壁に題す

日高く睡り足るも猶お起くるに慵(ものう)し

小閣に衾(ふすま)を重ねて寒さを怕(おそ)れず

遺愛寺の鐘は枕を欹(そばだ)てて聴き

香炉峰の雪は簾を撥(かか)げて看る

匡廬(きょうろ)は便ち是れを逃のがるるの地

司馬は仍(な)お老を送るの官たり

心泰く身寧きは是れ帰する処

故郷 何ぞ独り長安にのみ在らんや